Mass Spectra of Designer Drugs 2021

手法 GC-MS

購入方法

  • DVD
見積り依頼

概要

世界各地で起きている麻薬まん延問題に対抗するために開発されました

Mass Spectra of Designer Drugs 2021は、新精神作用物質(NPS)および乱用薬物の化学的特徴を収載した世界最大級のコレクションです。2021エディションには、1,700件以上の質量スペクトルと、フェンタニル、合成カンナビノイド、オピエートなど30以上の異なる分類に属する1,500件以上の化合物が新たに追加されました。2021年版は、フェンタニル、合成カンナビノイドなどを含む1,700以上の質量スペクトルと1,500以上の化合物を追加しました。

スペクトルあたりの平均品質指数955.6、20,102件のKovatsリテンションインデックスを誇るこのスペクトルライブラリーは、新精神作用物質の最新リストに掲載されている包括的なデータをご提供します。Mass Spectra of Designer Drugsは毎年更新されています。2021エディションには、2020年12月31日までに認められた既知の新精神作用物質が収載されています。

ライブラリー仕様

  • 質量スペクトル:31,169
  • 化学構造式:31,169
  • 化合物:23,879
  • Kovatsインデックス実測値:20,102
  • スペクトルあたりの平均品質指数(QI): 955.6

Some Sample Classes:

  • Opiates: 351
  • Fentanyls/Fentalogues: 2,240
  • Cannabimimetics: 1,086
  • Cannabinoids: 112

See more in “Compound Coverage”

互換性

サポートされている機器のファイルフォーマットを参照してください。

詳細を表示

登録されている化合物

収載されている化合物は、www.compoundsearch.comで検索できます。

This database is the most comprehensive of its kind and includes pharmaceutical and street drugs covering classes such as designer drugs, fentalogues, designer drug precursors, fentanyl, opioid, cathinone analog, cannabimimetic, hallucinogens, narcotic analgesics, herbicides, antidepressants, tranquilizers, insecticides, hypnotics, antihistaminic, chemotherapeutic, cannabis ingredient derivative, stimulant, sedative,  vasodilator, and many, many more. It is considered a critical forensic and toxicology mass spectrometry library.

* Such as, but not limited to herbicides, antidepressants, tranquilizer, insecticide, hypnotic, fentanyl opioid precursor, phenethylamine analog, local anesthetic, analgesic, etc.